リノベーションで居心地のいい空間に生まれ変わった「古民家カネシチ+」
正面を向いたウサギをモチーフにしたくぎ隠し

 江戸時代後期から明治時代初期の間に建てられた、築約150年と伝わる青森県佐井村佐井の古民家が、「古民家カネシチ+(プラス)」として生まれ変わり、2日から利用を始めた。村内外の人が気軽に集まる拠点やコワーキングスペースとして活用を呼びかけていく。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。