一戸オーナーパティシエ(左奥)の前でスイーツを試食する生徒たち
アップルティー(右奥)と、(左奥から時計回りに)トマトジュレのケーキ、イチゴとクリームのサンド、桜の花びらのクッキー、嶽きみのクリームパン

 青森県弘前市のシティプロモーション戦略「弘前デザインウィーク」の一環で、同市の東北栄養専門学校2年生とパティシエが共同開発したオリジナルスイーツの試食会が9月28日に行われた。同市の嶽きみ、大鰐町のトマト、田舎館村のイチゴなどを使った4品で、パティシエが出来栄えをたたえ、生徒たちが手応えを感じていた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。