激しくタックルしながらボールを奪い合う日本代表の選手ら

 8月のウィルチェアーラグビー(車いすラグビー)世界選手権で初優勝した日本代表チームが6日、三沢市国際交流スポーツセンターで練習を始めた。8日は、同市で事前合宿中のカナダチームとエキシビションマッチを予定しており、羽賀理之(まさゆき)選手(33)は「タックルで車いす同士が当たる音や、緻密な作戦、ボールに懸ける情熱を見てほしい」と語った。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。