車も人も、どこまでも続く白い壁を縫うように進む「雪の回廊」=1日午前、傘松峠-睡蓮沼間

 除雪作業が終わり、「雪の回廊」が貫通した八甲田・十和田ゴールドラインが1日から一般車両の通行が可能になった。行楽客は高さ約7メートルという雪の壁を車で縫うように進み、雄大な雪山の景観を満喫。青空が広がり、八甲田の連山に日差しが差し込むと、春の訪れを実感していた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。