八戸港への水揚げが本格化したセグロイワシ=5日午前9時すぎ、八戸港第1魚市場

 八戸港で煮干しの原料となるセグロイワシの水揚げが本格化してきた。5日は、同港所属の小型巻き網漁船「成進丸」船団が約22トンを水揚げした。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から