白山台地区の住民が中心となって環境整備に取り組む「しおんの森」
「しおんの森」周辺の環境整備について意見を交わす白山台地区の住民ら

 青森県八戸市の白山台連合町内会(慶長良一会長)は本年度から、地区東部に位置する緑地「しおんの森」周辺の環境整備に取り組む。同地区の住民らと小林眞市長が計画の具体化に向けて9月下旬、同市の白山台公民館で意見を交換した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から