建設が中断している東京電力東通原発(青森県東通村)を巡り、東電の小早川智明社長は30日の記者会見で、中部電や原発メーカーを交えた共同事業化の検討を現在も進めているとした上で、「まだ明確に固まった中身はなく、進捗(しんちょく)を答えられる段階にない」と述べた。長期化する地質調査も「引き続き進めている」とし、工事再開の見通しには言及しなかった。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から