大雪を受け、弘前市が例年より時期を早めた排雪作業=1月31日、同市中野

 4月3日告示、10日投開票の弘前市長選で、除排雪を中心とした「雪対策」に関する各候補の主張が、焦点の一つとなりそうだ。今冬は年始などに短期間に集中して雪が降り積もり、周囲に雪を捨てる場所がなくなるなど市民生活を直撃した。4人の立候補予定者のうち現職は「大きな課題」との認識を示し、市民との意見交換を行う考えを表明。一方、新人3人は除排雪体制の見直しを訴える。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から