会場を回り約70種類の日本酒を飲み比べる参加者たち

 青森県鶴田町の佐々木ツル酒店は1日、町農村環境改善センター豊明館で「日本酒を楽しむ会」を開いた。県内の蔵元10店が約70種類を用意。普段なかなか口にできない限定品などもあり、約200人の参加者が各蔵元の自慢の逸品を飲み比べていた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。