初の写真集「えんぶりといきる」を手にする二ツ森さん

 青森県八戸市の会社員で写真家の二ツ森護真(まもる)さん(33)が、八戸えんぶりを題材にした写真集「えんぶりといきる」を5日に出版する。同市の公共施設・八戸ブックセンターが市民作家の出版を支援する制度を利用した写真集の出版は初めて。自身にとっても初の写真集という二ツ森さんは「写真を通じ、えんぶりに携わる人たちのストーリー、感動を感じ取ってほしい」と話している。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から