保育士や幼稚園教諭らに向け、弘大と県が作成したガイドブック

 日常的に乳幼児と触れ合う保育士や幼稚園教諭らに向け、弘前大学と青森県は「子どもの発達支援ガイドブック」を作成した。「指示を理解することが難しい」「思い通りにならないと怒る」などの相談実績を基に、支援の蓄積が少ない地域でも適切に支援できるよう、子どもたちとの関わり方のヒントをまとめた。29日から県発達障害者支援センター「ステップ」のホームページで公開する。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から