新型火災共済に特約

 青森県民共済生活協同組合(県民共済)は10月1日、新型火災共済に付けられる「地震特約」を新設した。

 相次ぐ地震をきっかけに地震保障への関心が高まる中、住まいへの備えをさらに手厚くする改正を行った。

 新型火災共済には基本保障として、加入額の5%の地震保障がついているが、新設の地震特約で、加入額の15%の保障を上乗せ。合計で20%の保障が受けられる。

 また、掛け金はそのまま、手続き不要で、地震による住宅の一部破損に一律5万円の保障を追加(加入額が100万円以上の場合)し、保障の対象を広げた。

 詳しい保障内容などの問い合わせは県民共済(TEL017-752-8880)へ。ホームページはhttp://www.aomori-kyosai.or.jp/