ミストブラスト工法で錆を落とした部分と錆が残った部分を見比べる参加者=五所川原市浅井、大成産業

 青森県五所川原市の総合商社「大成産業」(長谷川武哉社長)は、水と研削材を混合して高圧噴射するミストブラスト工法と、県内企業が開発した錆(さび)止め効果の高い溶剤を組み合わせた新たな除錆(じょせい)・防錆(ぼうせい)工法を導入する。橋梁(きょうりょう)や送電鉄塔といったインフラ設備の長寿命化や、特殊車両、風車施設などのメンテナンスに新技術を活用する。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から