羽田行きの便を見送る関係者ら=27日、三沢空港
4便化定着へ気勢を上げる関係者ら
羽田から到着した搭乗客に記念品を手渡す関係者ら

 日本航空(JAL)三沢-羽田線の1日4便(往復)維持に向けた羽田発着枠コンテストの最終判断評価期間が27日始まった。三沢空港では小桧山吉紀三沢市長(同空港振興会長)らが送迎イベントを行い、関係機関との連携向上や空港の存在感アピールを誓い合った。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。