青森県は3日、2017年産の県産リンゴ総販売額が1001億3700万円となり、16年産に比べ26億8800万円(3%)減少したものの、4年連続で1千億円を突破したと発表した。天候不順などの影響で果実が小玉傾向となり販売数量が落ち込んだが、品薄感や食味の良さから卸売市場の取引価格が上昇し、高値が販売数量の減少を補った。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から