地元食材を使った料理を膝にのせて運ぶ選手たち

 2020年東京パラリンピックに向け青森県三沢市で事前キャンプ(合宿)中のウィルチェアーラグビー(車いすラグビー)カナダチームはキャンプ2日目の3日夜、市国際交流教育センターで歓迎レセプションに参加、関係者約30人が交流を深めた。キャンプでは、運営を支える市民ボランティアが奮闘しており、レセプションでもおいらせ農協女性部が郷土料理を提供、選手らに喜ばれた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。