留学生の日本語習得や社会参加の場となるローソン青森大学店

 青森大学とローソンは4日、青森市の同大学敷地内に「ローソン青森大学店」を開店させる。同大学に通う留学生を積極的に採用し、日本語習得や経営を学ぶ場として活用するほか、同大学を運営する青森山田学園と市内企業が連携した土産品も販売する。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。