引退後初となる講演で、波瀾(はらん)万丈の現役時代を振り返る福士さん=26日、ねぶたの家ワ・ラッセ

 4大会連続で五輪に出場するなど日本の陸上女子長距離界をけん引し、今年1月、現役を退いた青森県板柳町出身の福士加代子さん(40)が26日、青森市のねぶたの家ワ・ラッセで、引退後初めて講演会を行った。「とにかく走るのが好きで、遊びの一部だった」と五所川原工業高校時代から25年の競技人生を振り返り「負けてボロボロになりながらも、気持ちを正直に言えるようになった。今は100%自分が好き」と“福士節”でおどけた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。