青森県が5年ごとに策定している基本計画と行財政改革大綱に絡み、策定時に行ってきた「地域フォーラム」と「県民説明会」を来年度からの次期計画・大綱の策定過程では行わない。県は実施しない理由について、フォーラムと説明会が平日昼に行われ、出席者が限定された点や、インターネットが普及した点を挙げ、従来1回だった基本計画案のパブリックコメント(意見募集)を2回実施することで広く意見を募る意向を示している。一方で、県民からは「生の声が届くのか不安だ」との声も聞かれる。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から