模型のポンプを動かし、水をくみ上げる仕組みの説明を熱心に聞く児童たち

 青森県中泊町の小泊小学校の4、5年生児童27人が1日、「水と大地の探検隊」として地域の水利施設見学や体験を通じて、水循環や森林の役割について考えた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)