むつ市が高齢者の見守りに活用する「ミマモリオ」システム。タグ(右)を身につけた人の位置情報が、登録したスマートフォンに送られる
タグの位置情報を基に、行方不明になった高齢者役のスタッフ(中)を発見した警察官

 スマートフォンアプリを活用した認知症高齢者の見守りシステムづくりを進めている青森県むつ市は2日、むつ来さまい館周辺で、タグ(目印)を付けた人の位置情報を知ることができる見守りシステム「ミマモリオ」を使い、行方不明の高齢者を捜す訓練を行った。今後、事業者や市民の協力を募り、年度内の運用開始を目指す。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)