春から動画編集や配信などのビジネスを展開していく予定の黒竹さん

 青森市の地域おこし協力隊員として3年間活動してきた黒竹健司さん(39)が、同市に定住し、動画制作を柱とするビジネスを始めることになった。既に2月には個人事業主としての開業を届け出。編集や配信に興味を持つ大学生などが、実際に機材を使って作業体験できるスペースも設ける予定で、「若者たちに一歩踏み出してもらうための環境をつくりたい」と意欲を語る。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から