4月3日告示、10日投開票の弘前市長選について、東奥日報社は20、21の両日、青森県弘前市内の有権者を対象に電話世論調査を行った。新型コロナウイルス対策以外の市の施策で特に力を入れてほしい分野は「医療・福祉」がトップで、「リンゴを中心とした農業の振興」「雪対策」が続いた。今回の市長選に関心があると答えたのは「大いに」と「ある程度」を合わせて77.5%に上った。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から