階段の老朽化状況などを説明する澤田社長
津鉄が購入する予定の電動式昇降機

 津軽鉄道(本社・青森県五所川原市)は、障害者らを乗せて階段を上り下りする電動式昇降機を設置できるよう、津軽五所川原駅の跨線橋(こせんきょう)とホームをつなぐ階段の改修工事に着手する。22日、インターネット上で工事費などの資金を調達するクラウドファンディング(CF)を開始。新型コロナウイルスの影響で厳しい経営環境が続く中、津鉄ファンの力を借りて駅のバリアフリー化を進める。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。