男子で優勝した平野流佳=青森スプリング・スキーリゾート(共同)

 スノーボードの全日本選手権ハーフパイプは21日、青森県鯵ケ沢町の青森スプリング・スキーリゾートで決勝が行われ、男女とも北京冬季五輪代表が表彰台を独占した。女子は五輪銅メダルの冨田せな(アルビレックス新潟)が92.00点で2大会ぶり3度目の優勝を果たし、妹の冨田るき(チームJWSC)が82.50点で2位、前回覇者の今井胡桃(プリオHD)が3位だった。(共同)

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から