信用調査会社・帝国データバンク青森支店は21日までに、2021年の社長の平均年齢に関する調査をまとめた。県内企業は前年比で0.1歳上昇の61.9歳となり、過去最高齢を更新した。全国では秋田県の62.3歳、岩手県の62.1歳に次いで青森県は3位。北東北3県で社長の高齢化が進んでおり、同支店は背景に後継者不足がある-とみている。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。