フィギュアスケートのプランタン杯は19日、ルクセンブルクで女子ショートプログラム(SP)が行われ、世界ジュニア選手権代表の渡辺倫果(青森山田出、法大)が64.07点で首位に立った。同代表の住吉りをん(東京・駒場学園高)が61.47点で2位につけた。(共同)

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から