女子で決勝進出を決めた冨田せな=青森スプリング・スキーリゾート(共同)

 スノーボードの全日本選手権ハーフパイプは20日、鯵ケ沢町の青森スプリング・スキーリゾートで予選が行われ、女子は北京冬季五輪銅メダルの冨田せな(アルビレックス新潟)が1位で、上位6人で争う21日の決勝に進んだ。同五輪代表勢は冨田るき(チームJWSC)が2位、今井胡桃(プリオHD)が3位で、小野光希(バートン)は23位で落選した。(共同)

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から