報道陣の取材に応じる立憲民主党の泉代表=20日、青森市のアラスカ

 立憲民主党の泉健太代表は20日、同党現職・田名部匡代氏が再選を目指す夏の参院選青森県選挙区について「重点区」との認識を示し、議席死守へ党を挙げて取り組む姿勢を強調した。焦点となっている野党間の候補者調整については「青森県は(田名部氏に)一本化できる体制はできつつあるのではないか」と見通しを語った。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から