前日まで積雪0センチだった八戸市では水分を含んだ重たい雪が積もった=19日午前9時半ごろ、同市三日町

 19日の青森県内は、低気圧が急速に発達しながら三陸沖を北東へ進んだ影響で、三八上北と下北を中心に大雪となった。同日午後6時までの24時間降雪量は十和田25センチ、三戸23センチ、むつ18センチ、八戸9センチ。この4地点は前日まで積雪0センチだった。太平洋側の一部では風も強まり、八戸市で午前8時25分、最大瞬間風速23.9メートルを記録した。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。