自伝を出版した小田桐さん

 総合商社の角弘(本社・青森市)で社長を務めた平川市の小田桐健藏さん(81)がこのほど、私家版の自伝「わたしと角弘の六十年 売って儲(もう)けて嵌(は)まらない」を出した。長年にわたり営業畑で奮闘した思い出を生き生きと描き出した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から