新年度一般会計予算案を否決した予算特別委=17日、板柳町議会

 板柳町議会定例会は17日、予算特別委員会を開き、2022年度一般会計予算案を賛成少数で否決した。続く本会議で町が同予算案を撤回。同日で最終日だった定例会会期を22日まで延長することを決めた。議会の理解を得ないまま、町出資の公社に損失補償や交付金などを計上した予算が提案され、野党側が反発した。町は22日に修正案を提出する。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から