青森県弘前市は17日、新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開き、21日を期限とする同市へのまん延防止等重点措置が解除された後も、公共施設を31日まで休止することや、小中学校の部活動禁止などの対策を継続することを決めた。新規感染者数が明確な減少に至っていないため。

 市が主催・共催するイベントも、31日までは原則として中止・延期する。部活動禁止は25日までで、春休みに入る26日以降の対応は別途通知する。休止中の公共施設のうち、弘前図書館は本の貸し出しと返却のみ受け付けており、閲覧コーナーや学習室は利用できない。