主催者の説明を聞くねぶた関係者ら
ねぶた関係者を前にあいさつをする奈良委員長

 青森ねぶた祭(8月2~7日)を主催する実行委員会(委員長・奈良秀則青森観光コンベンション協会会長)は17日、青森市内で会合を開き、今年は例年通りの日程で祭り開催を目指す方針を決めた。新型コロナウイルスの影響で2020年、21年と2年続けて中止しており、開催が実現すれば3年ぶり。一方、大型ねぶたを運行する22団体のうち、7団体が不参加を決めた。実行委によると、運行団体が20団体を割り込むのは、17団体が出陣した1982年以来となる。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。