大相撲春場所4日目(16日・エディオンアリーナ大阪)同郷対決は3場所ぶりに「後輩」が制した。前頭3枚目の阿武咲(青森県中泊町出身)は、右はずで同5枚目・宝富士(同)が得意とする左差しを封じて前へ出ると、土俵際で粘る相手を寄り切って2勝目。「(宝富士に)何もさせない相撲」を貫徹し、白星に結びつけた。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から