青森県病院局は16日、2022年度の定例人事異動を内示した。定年退職となる白山昭彦運営部長の後任に、知事部局から田口晋市町村課長を起用する。組織改正では、遺伝子情報に基づいたがんゲノム診療の強化を目的に、県立中央病院にゲノム医療部を新設する。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から