文部科学省は15日、戦国時代に北奥羽一帯を治めた南部家が築いた本城の一つ、三戸城跡(青森県三戸町、現在の城山公園)を国史跡に指定したと官報に告示した。国史跡指定は同町では初めてで、県内では2017年指定の山王坊遺跡(五所川原市)以来、22件目。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から