大相撲春場所初日(13日・エディオンアリーナ大阪)前頭5枚目まで番付を上げた宝富士(中泊町出身)は、石浦をはたき込みで破り白星発進を決めた。9勝を挙げた初場所後、新型コロナウイルスに感染。万全な調整ができず不安もあるが「スタミナが切れないように頑張りたい」と話した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から