レトロさを感じるマジョリカタイルを敷き詰めリニューアルした浴室
大正時代のヤマニ仙遊館の浴室を撮影したとみられるはがき

 青森県大鰐町の老舗温泉旅館「ヤマニ仙遊館」の浴室が、レトロなタイルを浴槽や壁にあしらい、リニューアルした。カラフルなタイルは町の温泉街がにぎわっていた大正時代から昭和初期に流行したもので、当時の雰囲気を再現した浴槽で町の温泉文化をアピールしたい狙いだ。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。