改装中の店内で遊び心のある空間にしたいと話す関口さん=8日、十和田市内

 昨年8月に仙台市から移住してきた青森県十和田市の関口綾さん(40)が3月下旬、自宅の一部を改装して小さな絵本店を開く。移住を機に新たな挑戦をしようと思い立った。6歳を筆頭に3人の子育ての真っ最中で、時には自分自身が心の余裕を失うときもある。だからこそ「好きな絵本をツールに、子育て中の方々をサポートできたら。子連れで訪れてほっとできる、笑顔あふれる場にしたい」と意気込む。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。