迂回路となる2本目の仮橋を架けるため、くい打ち作業が始まった現場=12日午後、むつ市大畑町

 昨年8月の大雨で崩落した、青森県むつ市大畑町の国道279号小赤川橋の本格復旧に向けた2本目の仮橋の架設が12日、着工した。初日は基礎となるくい打ちに向けた作業が行われた。小赤川橋の災害復旧は国が県に代わって直轄権限代行で実施している。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。