噴火警戒レベルの説明会で配布された防災ラジオの使い方を教わる参加者=11日、十和田湖畔休屋地区

 青森県十和田市は11日、十和田湖を火口に想定する十和田火山の「噴火警戒レベル」と小規模噴火の際の防災対応が決まったことを受け、湖畔の休屋と宇樽部両地区で住民説明会を行った。参加者からは具体的な避難方法について「個別にするのか、団体でか」「避難先に受け入れ施設はあるのか」など不安の声が上がった。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から