海に向かって花を手向ける三沢市漁協の職員たち=三沢漁港
読経が響く中、沖合に向かって手を合わせる三沢市や市漁協の関係者=三沢漁港内の市魚市場
地震発生時刻に合わせて黙とうする参列者ら=三沢市の玉泉寺

 青森県三沢市では11日、東日本大震災の津波で犠牲になった2人の菩提(ぼだい)寺・玉泉寺(赤沼宗司住職)の本堂で、犠牲者の慰霊と復興祈願の法要が営まれた。遺族や檀家(だんか)総代ら10人と、上十三地区の僧侶12人が故人をしのんだ。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から