最上さん(右)の指導を受けながら「スタート」を合唱する生徒たち

 八戸市大館中学校(本間孝浩校長)の3年生96人が、全員で作詞した歌「スタート」を12日の卒業式で披露しようと合唱練習に励んでいる。生徒一人一人が中学校生活を振り返って書きつづった言葉の数々を、代表の生徒3人が一つの歌詞にまとめたもので、入学当時の初々しい気持ち、新型コロナウイルス禍での不安や戸惑い、ともに3年間を過ごした同級生への感謝の思いなどが表現されている。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から