小川原湖洪水痕跡標示板に示された最高水位を指し示す蛯名町長
小川原湖に面した旧上北町沼崎付近の水没状態などを報じる1958年10月3日付の東奥日報紙

 1958年9月26~27日の台風で小川原湖の水位が平常時より約2.3メートル上昇し、死者3人、床上・床下浸水2801戸の被害が起こってから60年。小川原湖防災フォーラム実行委員会(委員長・蛯名鉱治東北町長)は26日、青森県東北町上野の小川原湖公園で「小川原湖洪水痕跡標示板」の除幕式を行い、被害の記憶を風化させず災害への警戒を怠らないように呼び掛けた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)