生徒たちから贈られた千羽鶴を持つマリナさん。写真に撮ってSNSでウクライナの人たちへ発信するという=9日、八戸市の根城中学校
根城中のオンライン集会で、ウクライナ情勢や平和問題について生徒と意見交換するマリナさん(左)

 ロシア軍のウクライナ侵攻について、同国出身で青森県八戸市の根城中学校などで外国語指導助手(ALT)を務めているマリナ・カラチョヴァさんが9日、東奥日報などの取材に応じた。連日の爆撃を受けて避難した現地の家族のことを案じ、「戦争は悲劇。何より(故郷に)早く平和が戻ってほしい」と訴えた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。