青森県野辺地町は8日、新型コロナウイルス感染対策事業として、町民1人当たり1万円分の商品券「野辺地町地域振興券」を発行することを明らかにした。同日の町議会議員全員協議会で概要を説明した。

 1冊500円券20枚つづり(うち2千円分は大型店では利用不可)。4月下旬以降、準備が整い次第発送する。町商工会が感染対策の基準を満たしたとして認証した事業所で6月1日~8月31日(予定)に利用できる。

 交付対象は住民基本台帳登録者約1万2600人(4月1日見込み)。町は事業費約1億3349万円を盛り込んだ2022年度一般会計補正予算案を開会中の定例町議会に追加提案する予定。

 財源には国の臨時交付金や県の補助金、町の一般財源を充てる。

 全員協議会では、同感染症の影響を受け、21年の売り上げが20年より3割以上(農林畜水産業は5割以上)減少している飲食店に15万円、飲食店以外に10万円を給付する事業実施なども発表した。