青森県弘前市が、犯罪の被害者や遺族への見舞金支給など経済的支援を柱とする「市犯罪被害者等支援条例」を4月から施行する見通しだ。開会中の市議会定例会に関連議案を提出しており、8日、厚生常任委員会は条例案を全会一致で可決。犯罪被害者への支援充実を図る条例は県やむつ市が制定済みだが、弘前市によると、経済的支援を内容とする条例は県内初という。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。