青森-むつ市脇野沢-佐井航路で高速旅客船を運航するシィライン(青森市)について、山崎隆一社長は8日の取材に対し、2022年度末で運航を終了する方針を示した。同社を巡っては、むつ市と佐井村が赤字補填(ほてん)を22年度で終える意向を表明。山崎社長は「両市村からの補填なしでは経営が立ちゆかず、23年度以降の運航継続は難しいだろう」と無念さをにじませた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。