設立総会であいさつする県実行委会長の青山副知事

 47都道府県を巡る2020年東京五輪の聖火リレーに関し、ルート案などを策定する青森県実行委員会の設立総会と第1回総会が25日、青森市の青森国際ホテルで開かれた。県実行委は走行する市町村のルート案を年内に決め、大会組織委員会に提出する。具体的なルートは大会組織委が来年夏ごろに公表する。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。